BLOG

  1. TOP
  2. ブログ一覧
  3. 【英検2級リスニング対策】3ヶ月で満点獲得!?リスニングを得意にするたった1つのコツ!

【英検2級リスニング対策】3ヶ月で満点獲得!?リスニングを得意にするたった1つのコツ!


「自分はリスニングが苦手だ…。」
「リスニングって小さい頃から英会話やっていた人しかできないんでしょ…。」
「リスニングの音声が早過ぎてついていけない…。」

リスニングに苦手意識をもっていませんか?
リスニングが得意な人と苦手な人を分ける「コツ」があるのです。

 

◎この記事はこんな方たちのために書きました!


 「リスニングがどうしても苦手だ!」
 「リスニングのせいで英検2級に合格できない!」
 「リスニングは小さい頃から英会話を習っていた人しかできないから対策しても無駄だ!」

 

◎たった3ヶ月で英検2級リスニングが満点に!?


最初に、ESL clubのある生徒さんについてお話させてください。

当時小学4年生だった彼女は別の英語塾に通塾しながら英検2級に挑戦しました。しかし結果は、リスニング30点中21点で残念ながら合格できませんでした。
その後ESL clubへの入塾を決め、3ヶ月後の英検で2級に再挑戦。結果はリスニング30点中30点の満点をマークし、見事合格!

3ヶ月で英検2級リスニングを21点から30点(満点)に伸ばしたたった一つのコツがあります。

それは…

『聞こえた英語をイメージすること』です。

 

◎『英語をイメージする』ってどういうこと!?


『聞こえた英語をイメージする』
詳しく説明していきますね。

試しに、次の英文を読んでみてください。
(一応、日本語訳をつけました。英語が難しいと感じる方は参考にしてください。)

Nicole has been doing yoga for 5 years.
(ニコールは5年間ヨガをしています。)
It makes her feel relaxed and helps her healthy.
(ヨガのおかげでニコールはとてもリラックスでき、また健康です。)
She wants to help other people feel better through yoga, too,
(ニコールはヨガを通して、他の人々にも元気になってほしいと考えました。)
so she is taking a course to become a yoga instructor.
(だから、彼女はヨガの先生になるためのコースをとっています。)
Nicole hopes to teach a few classes on weekends.
(ニコールは週末にいくつかのヨガクラスで教えることを望んでいます。)

出典:実用英語技能検定 2級 2017年 第1回 リスニング原稿

 

この英文は2017年度第1回英検2級リスニングNo.16の問題です。
この英文を読んでいるときに、もしあなたが、

「『Nicole has been doing yoga…』だから『ニコールはヨガをしている…』って意味で…
『for 5 years』だから『5年間』ヨガをしていたって意味か!
あれ、待てよ。『has been doing』は文法的には現在完了進行形だから…」

といった風に日本語で考えないと英語を理解できないなら、あなたはきっとリスニングが苦手でしょう。
また、リーディングでも読むのに時間がかかってしまい、苦戦を強いられているかもしれません。
なぜなら、あなたは英語をいちいち日本語に訳してしまっているからです。
この理解の仕方は非常に時間がかかります。
リスニング中にこれをやっていたら音声についていけないでしょう。

では、リスニングが得意な人の頭の中はどうなっているのか
リスニングが得意な人の頭の中はこんな感じです。

 

Nicole has been doing yoga for 5 years.


It makes her feel relaxed and helps her healthy.


She wants to help other people feel better through yoga, too,


so she is taking a course to become a yoga instructor.


Nicole hopes to teach a few classes on weekends.


リスニングが得意な人の頭の中はこんな感じなのです。
つまり、英語が持つ意味を日本語ではなく、ビジュアルで捉えているのです。
イメージを思い浮かべながら英文を聞いているわけです。

 

◎あなたはどっち?リスニングで理解するプロセスは2つある



リスニングが苦手な人は、上図の矢印①のように
英語 → 日本語 → イメージ
のプロセスで英語を理解しています。一旦、日本語に訳さないと意味がイメージできないわけです。
一方、リスニングが得意な人は、図の矢印②のように
英語 → イメージ
と日本語を介さずに直接イメージしています。
ですので、英語を読み聞きしたときの理解が早く、リスニングの音声にも問題なくついていけるのです。
この、英語とイメージを直接、結びつける意識が非常に大事なのです!!

 

◎リスニング対策では『イメージすること』がとにかく大切!


リスニングをする際、日本語を考えるのでなく、『イメージする』。
とにかく、イメージ!イメージ!イメージ!

『英語をイメージする』ことはリスニング対策でとても大切なことなのです。

最初はもしかしたら、うまくいかないかもしれません。
どうしても日本語に訳してしまうかもしれません。
長い期間、英語を日本語に訳して理解する癖がついている人はなおさら時間がかかるでしょう。
ただ、イメージすることを常に意識して学習を進めれば、必ず日本語を介さずに英語をイメージできるようになります。
これは、です。習慣です。
ESL clubでも、生徒が音読やシャドーイングをする際は、「イメージしてる?」「何が見える?」としつこく確認し、イメージすることの癖づけを促しています。

リスニングを勉強するときはとにかくイメージすべし!!
この大切さを実感し始めた頃、あなたのリスニング、いや、英語学習全体が大きく変わってくることでしょう。
ぜひ、意識して英語学習を進めてみてください!

 

もし学習をしていく中で
「意識して学習しているけど、正しく英語をイメージできているかわからない…。」
「イメージしてみたけど、やっぱりリスニングが苦手だ…。」

といったことでお困りであれば、
是非お気軽にESL club(03-3797-3380)までご相談ください。
無料の学習相談を随時、実施しています。
英語のプロがベストな学習方法を丁寧にお伝えいたします。
 ※受付時間:14:00ー20:00(月〜木)・10:00ー19:00(土日祝日)
 ※毎週金曜日・毎月第5週(29日、30日、31日)はお休みをいただいております。