BLOG

  1. TOP
  2. ブログ一覧
  3. 英検3級レベルだった僕が、たった3カ月で英検2級合格レベルを達成し、アメリカへ留学しちゃう話

英検3級レベルだった僕が、たった3カ月で英検2級合格レベルを達成し、アメリカへ留学しちゃう話

「使える英語を身につけてほしい。本人がもし望むなら海外という選択もできるようにしてあげたい。」

そうお考えのお母さま、お父さまは良質な英語教育を探されていることかと思います。

主体的に海外への挑戦を選び取るために必要な英語学習はどういったものなのか?また、挑戦したいと思える自信はどう育まれるのか?

今回は、たった3ヶ月で英検3級レベルから2級合格レベルまでに急成長され、今年からアメリカの大学に進学される中島 陸さんにインタビューをしました!

 

アメリカ留学を決めた裏には

 

ー本日はよろしくお願いします!陸さん、ついにアメリカへの乗り込みが1週間を切りましたね。

 

陸:ここまであっという間でした。今日が日本で過ごす最後の水曜日だと考えると変な感じです(笑)

 

ー緊張はされていますか?

 

陸:正直、そこまでしていません。もともとやりたいことには行動を起こしてきたので、新しいことをする抵抗感がないのだと思います。

 

ーさすがです…英語を本格的に学び始めたのも高校生になってからなんですよね?

 

陸:そうなんです。それまではサッカーを高校の寮に入ってやっていたこともあり、勉強はあまりできていませんでいた。テスト前日に詰め込む感じで…(笑)

 

ー意外です!なぜ英語の勉強をしようと思ったんですか?

 

陸:高校一年生の時に大きな怪我をしてしまい、思うようにサッカーができなくなったことがきっかけです。

 

ーそんなことがあったのですね。そこでなぜ英語の勉強に繋がったのですか?

 

陸:サッカーが思ったようにできなくなったことで、これまでサッカーを基準に選んできた進路を見つめ直すことにしたんです。そしてこのままなんとなく日本の大学に進むことに疑問を持ちました。

 

ーどんな疑問でしょうか

 

陸:もちろん、人によりますが、僕には日本の大学は合わないと感じたんです。こう、もっと学生が主体になって学べる場所を探していたんです。

 

ーそこでアメリカですか…!

 

陸:そうです。よし行っちゃおうと思って(笑)

 

ー素晴らしい行動力ですね!なぜそんなに挑戦心が強いんでしょうか?

 

陸:両親が「やりたいことはやってみな」と教育をしてくれていたおかげかな、と思います。

 

ーでは、幼い頃から様々な経験をしてきたのでしょうか?

 

陸:小学生ではサッカー留学としてスペインに一人で赴きました。最初は1週間滞在したんですけど、その滞在先で「来年も来るね」って現地の人と約束しちゃったんです。それを母に伝えたら、「じゃあ来年は1ヶ月ぐらい行っちゃう?」って(笑)

実際、その次の年には1ヶ月スペインに滞在しました。

 

ーお母様も、挑戦心があふれていますね…!

 

陸:母は確かに挑戦心がすごいです。僕が起業したいという相談をした時も、初めは「社会に出てからの方がいいんじゃない?」と言っていたのですが、僕が説得するにつれて母が起業に興味を持っちゃって(笑)母が僕より先に今年から起業します(笑)

 

ー驚きのエピソードが次々とでできますね!

 

陸:父がアメリカ留学を経験していたことも、僕にとって良い刺激になっていたのだと思います。そのおかげで留学に行くこと自体にあまりハードルを感じませんでした。今後アメリカで学ぶ予定のコンピューターサイエンスに興味を持ったのも、父の影響でした。

両親が僕の好奇心にとことん協力してくれたことが、今の僕の性格やバイタリティに繋がっていると思います。あとは、父のように新しい刺激や経験を教えてくれる存在が身近にいたことも幸いなことでした。

 

ーなるほど。ご両親の影響も大きいということですね!

ESL club で得たもの

ー話は戻りますが、アメリカへの挑戦を決めた際に英語塾であるESL clubへ体験レッスンにきた理由は何でしょうか?

 

陸:アメリカには行きたかったんですけど、全く英語ができなくて。留学エージェントの人に英語塾を紹介してもらったんです。

 

ーそこでESL clubを選んだ理由はありますか?

 

陸:その時は特にありませんでした。高校卒業まで時間がなかったので、とにかく短期習得を期待して体験レッスンにきました。

 

ー体験レッスンでのESL clubの印象は期待していたものと違っていましたか?

 

陸:いい意味で(笑)もっと、ライザ◯プ的なスパルタ指導を想像していたのですが、メンターの方々が本当に優しくて、僕の状況や目標を親身に聞いてくれました。

 

ーその体験レッスンで入塾を決意されたんですか?

 

陸:はい。話を聞いてくれた後にカリキュラムを組んでくれて、僕の目標達成の最短ルートがすでに用意されていました。ここまでしてくれたら、やるしかないじゃないですか(笑)

 

ーそのカリキュラムをこなし、たった3ヶ月で英検3級レベルから英検2級合格レベルを達成し、今は英検準1級の学習をされているんですよね!その中で特に辛かったことなどありますか?

 

陸:いや、この3ヶ月毎日大変でした(笑)でも、メンターの方や渋谷校のスクールマネージャーの方々がサポートし続けてくれたので、やり通すことができました。

 

ー特にお世話になった講師の方はいらしゃいますか?

 

陸:バイリンガル講師の棚田さんと、スクールマネージャーの石垣さんです。

この3ヶ月ずっと手厚いサポートをしていただきました。

 

ー今回はお二人にもきていただきました!よろしくお願いします。

 

石:こんにちは。渋谷本校のスクールマネージャーを務めております石垣です。

 

棚:渋谷校でバイリンガル講師をしております棚田です。よろしくお願いします。

 

ー3人の様子を見ているととても仲が良く、お互いの信頼関係をとても感じます!

 スクールマネージャーの視点で、この3ヶ月の陸さんはどうでしたか?

 

石:時間がない中、お互いに良いパフォーマンスを発揮できたと思います。陸はこの短い時間でよくここまで習得してくれたと思います。真面目な子だったので、ちょっと多めの宿題も頑張ってこなしてくれました。

 

陸:ちょっとじゃないですよ(笑)普通の5倍の量ですよ!さらっと1週間で500個単語覚えてこいって!

 

石:でも、できたじゃん(笑)

 

陸:一人じゃ絶対できない量も、ESL clubだとできちゃうんです…(笑)

 

ー急成長の裏には、やはり確かな努力があるのですね。

 もともと陸さんとESL clubの相性がよかったんですかね?

 

石:ESL clubは「英語を教えない英語塾」とうたっているように、単に英語の知識を指導する場ではありません。

生徒さん一人一人に合った学習方法と学習計画を提案し、学習習慣に落とし込まれるまで徹底的にサポートします。

いわば、生徒さんが一人で英語力を伸ばしていけるよう、効果的な英語独学法を身につけさせて送り出すための通過機関だと思っています。

陸の場合は、彼は真面目だし、目標もあったので、かなりストレッチを効かせた学習計画を提案しました。

また、素直な性格だったので、あえて簡単なレベルの英語の絵本などを多読してもらいました。

英検で難しいレベルの精読、絵本で簡単なレベルの多読。

この「精多のバランス」が英語習得上、とても大切です。

このバランスを保った大量のインプットで、陸は急速に英語を英語で理解し発信するための本質的な英語力を身につけていきました。

こういったように、ホント生徒さん一人一人に合わせて提案してますね。

また、生徒さんに合った担当講師をマッチングさせるのも大切です。

陸:僕で言えば、メンターの棚田さんですね!

 

石:棚田くんはイギリス帰りの優しいマッチョバイリンガルなんですけど、文法事項にも強いので、中高校生に対するレッスンに長けていると考え、陸の担当になってもらいました。

 

ー石垣さんが生徒さんの個性に合わせて、最適なメンターを担当させているんですね!

 棚田さんは陸さんのレッスンでどのような工夫をされていましたか?

 

棚:とにかく時間がない中で目標を達成しなければならなかったので、効率よくアウトプットを行うように心がけました。

 

陸:棚田さんは本当に優しくて、考え方が柔軟な方で、レッスンもわかりやすかったです。僕がライティングなどで行き詰まった時に、的確なアドバイスをくれました。

ーお二人とも体育会系ということで、更に相性も良さそうですね!

 

石:今まで多くの生徒さんを見てきたので、なんとなく「このメンターとは相性いいだろうな」っていう案が降りてくるんです。(ドヤ)

 

陸:さすが(笑)

 

たった3ヶ月でテキストのレベルは3級から準一級へ


 

ー陸さんがESL clubに3ヶ月通われて得たものはなんですか?

 

陸:一番は学習習慣だと思います。自分に合ったレベルの学習を継続することが一番身になると、身を持って感じました。

 

ー自分に合ったレベルって自分じゃ判断しにくいですよね…

 

陸:そうなんです!意欲だけあっても、内容が自分にあっていないと意味がないんです。ESL clubに通う前に、とりあえず独学で英語を学んでみようと思ったんですけど、取り掛かったTOEFLの難しさに絶望しました(笑)

 

ーその挫折から、ここまで成功されるなんて…素晴らしいですね!

 

陸:まだまだここからが挑戦なので、アメリカでも頑張ります!

 

ー心の底から応援しています!

 

石:まあこのまま自分に正直に生きていって。それを忘れるとつまらなくなるよ。

 

棚:応援しています。もう何も言わなくても、陸くんなら自分で突き進んで行くと思いますが(笑)

 

ーみなさん、本日はありがとうございました!

左からスクールマネージャーの石垣さん、陸さん、バイリンガル講師の棚田さん

終わりに

いかがだったでしょうか。

これまで一途に打ち込んできたサッカーでの大きな挫折。それをアメリカへの挑戦に転換させた陸さん。

そして、ESL clubでスクールマネージャーの石垣さんとバイリンガル講師の棚田さんに出会い、英語の学習方法を知ることで飛躍的に英語力を伸ばしました。

彼はアメリカに旅立った後も、挑戦を繰り返し、ご自身の道を切り開いていくでしょう。

 

筆者が実際に陸さんにお会いして感じたことは、挑戦に怖気づかないタフな精神が成功に繋がるということです。

「過去の挫折や失敗は、全て今の成功につながっている。」と、陸さん自身もおっしゃっていましたが、自分なら何事も乗り越えられると信じて前に進むことが大切ですね。

 

陸さんの世界でのご活躍を祈っております!

 

ESL clubとは

ESL clubはただの英語を教える英語塾ではありません。

効果的な英語学習法と学習習慣を身につけることで、実践的な英語力が手に入る英語塾です。

陸さんのように間近に留学が迫っている中高生の生徒さんから、将来に向けて楽しく、かつ結果も出る実践英語を身につけたい小学生の生徒さんまで、幅広く通塾いただいております。

もし英語に関して何かお困りのことがありましたら、お気軽にESL clubにご相談ください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!