BLOG

  1. TOP
  2. ブログ一覧
  3. 【たった5分でできる英検1級単語テスト】レベル診断と学習アドバイス付き!

PREV

NEXT

【たった5分でできる英検1級単語テスト】レベル診断と学習アドバイス付き!

英検1級単語・語彙力テスト レベル診断 学習アドバイス

 

【本記事は、こんな疑問をお持ちの方にオススメです!】
 ・「英検1級に出る単語って、どのくらい難しいの?」
 ・「今の自分の単語レベルで英検1級に合格できるの?」
 ・「英検1級の単語をまだ覚えきれていない…。そんな中、英検本番直前には何を優先して勉強すべき?」

 

「英検1級を受けよう!」と思い立った受験者の多くが疑問に思うのが、「英検1級の単語ってどのくらい難しいの?」という点です。

英検は級が上がるにつれて、合格に必要な単語数も多くなっていきます。

 

英検各級 必要単語数 レベル

 

英検1級合格に必要の語彙数は1万語以上でかなり高難度です。

「こんな単語、覚えて本当に意味あるの?」と疑いたくなるぐらい、見たことも聞いたこともない単語が続出します。(たまに「英検1級レベルの単語は難しすぎる。マニアックすぎる。」という意見もありますが、それは間違っています。洋書や英文雑誌を読んでいれば、英検1級レベルの単語は普通に出てきます。)

しかし、英検1級合格のためには、この超高難度の英単語をしっかりと覚えることが必要不可欠です。

つまり、「英検1級に合格できるかどうか」は「英検1級レベルの単語を十分に知っているかどうか」にかかっているということです。

本記事では、「現状の語彙力で英検1級合格が狙えるかどうか」がわかるよう、英検1級単語テストができるようになっています。

単語テストの最後には、結果に応じた学習アドバイスも載せています。

ぜひ、ご自身の単語レベルを把握し、英検1級合格に向けて効率良く学習を進めてください。

 

 

【英検1級単語テスト】やり方

英検1級単語・語彙力テスト レベル診断 学習アドバイス

まず、テストのやり方を説明します。

 ① 紙と鉛筆を用意します。
 ② あらかじめ、問題番号(1)〜(45)を紙に書いておきます。
 ③ タイマーで4分をセットします。
 ④ タイマー開始と同時に、下の「【英検準1級単語テスト】問題」の英単語を見て、順々に日本語の意味を書いていきます。

回答時間が4分ということは、1単語あたり約5秒程度で日本語を書いていく必要があります。悩んでいたら時間内に終わりませんので、わからないものはどんどん飛ばして回答していきましょう。

※「答え合わせのやり方」は後ほど説明します。

では、やってみましょう!問題はパート1からパート3まで、各15問ずつの合計45問になります。

 

【英検1級単語テスト】問題

【パート1】

(1) tarnish

(2) reclaim

(3) veto

(4) throb

(5) savor

(6) clout

(7) solace

(8) repeal

(9) treachery

(10) proliferation

(11) appalled

(12) fraudulent

(13) squeamish

(14) benign

(15) digestive

 

【パート2】

(16) dart

(17) loom

(18) overrun

(19) mull

(20) exult

(21) vernacular

(22) plagiarism

(23) tenet

(24) caliber

(25) spree

(26) sparse

(27) lavish

(28) migratory

(29) astute

(30) whimsical

 

【パート3】

(31) taunt

(32) squint

(33) negate

(34) tranquilize

(35) ravel

(36) verge

(37) stipend

(38) ransom

(39) lava

(40) feasibility

(41) obtuse

(42) terse

(43) senile

(44) esoteric

(45) gaunt

 

【英検1級単語テスト】答え合わせのやり方

英検1級単語・語彙力テスト レベル診断 学習アドバイス

さて、回答時間が終了したので、次に答え合わせです。

採点基準は以下の通りです。

① 漢字間違いは正解とする
② だいたいの意味があっていれば正解とする
③ 各パートごとの点数を出しておく(パート1が8点、パート2が5点、パート3が2点、というように)

②についてもう少し詳しく説明します。

例えば、「give」の回答として「あげる」と書いたところ、答えは「与える」になっていたとします。

この場合、「あげる」も「与える」も、同じような意味のため正解とします。

(今回は、あくまで英検1級を受ける上での単語力テストのため、厳密な和訳の違いは気にしなくてOKということです。)

 

【英検1級単語テスト】解答

【パート1】

(1) tarnish 損なわせる(そこなわせる)

(2) reclaim 取り戻す(とりもどす)

(3) veto 拒否権を行使する(きょひけんをこうしする)

(4) throb ずきずき痛む(ずきずきいたむ)

(5) savor 十分に味わう(じゅうぶんにあじわう)

(6) clout 殴ること(なぐること)

(7) solace 慰め(なぐさめ)

(8) repeal 撤廃(てっぱい)

(9) treachery 裏切り(うらぎり)

(10) proliferation 拡散(かくさん)

(11) appalled 唖然としている(あぜんとしている)

(12) fraudulent 詐欺的な(さぎてきな)

(13) squeamish 神経質な(しんけいしつな)

(14) benign 良性の(りょうせいの)

(15) digestive 消化の(しょうかの)

 

【パート2】

(16) dart 突進する(とっしんする)

(17) loom ぼんやり現れる(ぼんやりあらわれる)

(18) overrun はびこる

(19) mull 熟考する(じゅっこうする)

(20) exult 大喜びする(おおよろこびする)

(21) vernacular その土地の言葉(そのとちのことば)

(22) plagiarism 盗作(とうさく)

(23) tenet 信条(しんじょう)

(24) caliber 能力(のうりょく)

(25) spree ばか騒ぎ(ばかさわぎ)

(26) sparse まばらな

(27) lavish ぜいたくな

(28) migratory 移住する(いじゅうする)

(29) astute 抜け目のない(ぬけめのない)

(30) whimsical 気まぐれな(きまぐれな)

 

【パート3】

(31) taunt あざける

(32) squint 目を細める(めをほそめる)

(33) negate 否定する(ひていする)

(34) tranquilize 落ち着かせる(おちつかせる)

(35) ravel 大いに喜ぶ(おおいによろこぶ)

(36) verge 瀬戸際(せとぎわ)

(37) stipend 給付金(きゅうふきん)

(38) ransom 身代金(みのしろきん)

(39) lava 溶岩

(40) feasibility 実現可能性(じつげんかのうせい)

(41) obtuse 鈍い(にぶい)

(42) terse 簡潔な(かんけつな)

(43) senile 老人の(ろうじんの)

(44) esoteric 難解な(なんかいな)

(45) gaunt やつれた

 

【英検1級単語テスト】レベル診断と英検本番に向けた学習アドバイス

答え合わせを済ませ、各パートの点数が出たら、あなたの正答率が次のどのレベルに当てはまるかを確認しましょう。

 

【英検1級単語レベル4】パート1、パート2、パート3の全てが10点以上だった

レベル4のあなたは、英検1級レベルの単語も十分に覚えることができています。

リスニングやリーディングの読解問題に出る単語はもちろん、英検1級大問の中でも最も単語レベルが高い、リーディング大問1の単語問題についても十分、合格点が狙えるでしょう。

英検本番に向けては、単語を覚える時間以上に、過去問の演習に時間を費やし、リーディング、リスニング、ライティング全体のレベルアップに努めましょう。

もし、英検直前であれば、単語学習は単語帳ではなく、過去問に出てくる知らなかった単語の意味を確認するだけで十分です。

ただし、もし英検本番がまだだいぶ先の場合は、英検1級レベルの単語帳を継続的に学習しておきましょう。

あまりに長い期間単語学習を怠ると、英検1級レベルの単語は難易度が高いため、忘れてしまう可能性があります。

 

【英検1級単語レベル3】パート1、パート2は10点以上だったが、パート3は10点未満だった

レベル3のあなたは、英検1級レベルの単語をマスターするまであと一歩といったところでしょう。

リスニングやリーディングの長文読解問題ではわからない単語はあまり出てきませんが、最も単語レベルが高いリーディング大問1の単語問題では苦戦が強いられるでしょう。

もし英検直前であれば、最後の追い込みとして、週200個のペースで英単語を覚えてみましょう。毎日200個の単語に2周、目を通してみてください。そうすれば1週間で200個覚えられるはずです。これだけでリーディング大問1の正答率は変わってきます。

一方、まだ英検本番が数ヶ月先といった場合は、英検1級レベルの単語帳を用いて計画的に語彙力強化に励みましょう。基本的には週100個のペースで覚えていき、300~400個学習したら全て復習して覚え直しましょう。

こまめな復習が英検1級レベルの英単語を覚えるコツです。

 

【英検1級単語レベル2】パート1は10点以上だったが、パート2、パート3は10点未満だった

レベル2だったあなたは、英検1級の単語学習はまだまだ努力が必要です。

英検1級のうち、単語レベルが比較的簡単なリスニングについてはわからない単語はあまりないかもしれませんが、リーディングでは単語がわからずに正答率が低くなってしまっているのではないでしょうか。

もし英検直前であれば、一旦の目標はリーディングの中でも、特に長文読解問題に出てくる単語レベルの強化に置くべきです。

最も単語レベルが高いリーディング大問1の単語力を身につけるのは、本番まで十分な時間ないため難しいでしょう。

ですので、リーディング大問1よりも、長文読解問題やリスニングに出てくる単語力強化に励みましょう。

一方、英検本番までまだ時間がある場合は、英検1級レベルの単語帳を用いて計画的に語彙力強化に励んでいきましょう。

少なくともリーディングの長文読解問題でわからない単語がなくなってくると、英検1級合格がグッと近づいてきます。

 

【英検1級単語レベル1】パート1、パート2、パート3の全てが10点未満だった

レベル1だったあなたは、まだまだ英検1級で満足いく点数がとれていないのではないのでしょうか。

その原因の一つが単語力にあることは明らかなようです。

もし、今が英検直前であれば、今回の受験目的を「合格」ではなく、「試験慣れ」と「現状レベルの把握」に置き、1点でも多くの点数が取れるように学習していきましょう。

そして、今回の英検が終わった後、その次の回の英検に向けて、長期的な単語力補強の学習計画を組みましょう。

英検1級レベルの単語帳をコツコツと継続して学習してくことが、合格への一番の近道になります。

 

現状の単語レベルを把握し、計画的に英検1級の単語を学習していこう。

いかがだったでしょうか。

今回は英検1級の単語テストをお届けしました。

現状のご自身の単語レベルを知り、本番直前まで何を優先して学習すべきかも把握できたのではないでしょうか。

もし英検1級の対策をしていく中で、

「英検1級の単語がどうしても覚えられない…」
「英検1級の単語は完璧なのに、未だ合格できない…」
「単語はまだ覚えきれてないんだけど、何としても次回の英検で1級に受かりたい!」

といった方は、是非一度、私たちESL clubにご相談ください。

「英検1級の単語がどうしても覚えられない…」という方は、単語の覚え方に問題があるのかもしれません。

単語を覚える正しい方法をご存知でしょうか?それを知っているか知らないかで大きな差が出てきます。

「英検1級の単語は完璧なのに、未だ合格できない…」という方は、単語力ではなく、別の技能に問題が隠れています。

確かに英検合格に単語学習は必要不可欠ですが、それだけでは合格できないのも事実です。単語だけではなく、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングといった英語4技能全体の対策をしていく必要があるのです。

「単語はまだ覚えきれてないんだけど、何としても次回の英検で1級に受かりたい!」という方は、単語力がない中でやるべき学習戦略をとる必要があります。

単語を覚えきれていないからといって、本番直前もひたすら単語帳に取り組むだけだと効率が悪いのです。

こういった生徒一人ひとりの現状に合った学習プランを、個別の学習相談と体験レッスンを通してご提案します。

英検直前の1週間から受講可能な英検集中対策コースも随時受付中です。
→詳しくはこちら:【英検集中対策コース開講中】入会不要!英検直前1週間のみの受講も可能です!(対象:小学生1年生〜高校3年生・既卒生)

どんな些細なご相談でも大歓迎です。是非、お気軽にご連絡ください。