TEACHING POLICY

  1. TOP
  2. 指導方針

英語が持つ「イメージ」を直接
つかむ英語脳の獲得を実現

英語ができるバイリンガルはどのように英語を理解しているのでしょうか。今までの日本の英語教育で主流であった英文和訳、和文英訳に偏った英語学習では、いつまでも英語を日本語に訳す癖が抜けません。一方、英語ができる人は、英語を読み聞きする際、英語が持つ「イメージ」を直接つかむことができます。また、スピーキング、ライティングの際には、伝えたい頭の中の「イメージ」を直接英語にして表現することができます。つまり、英⇄日変換をせずに、日本語は日本語で、英語は英語で理解し、考え、発信しているのがバイリンガルなのです。ESL clubのカリキュラムは、多読・多聴をベースにすることで、英語を英語で理解し発信できる「英語脳」獲得を実現します。

BAD従来の英語学習

デメリット

  • リーディングやリスニングの際にいちいち日本語訳をしてしまうため、理解するスピードが遅い
  • 日本語で考えてから英語に訳してアウトプットをするため、不自然な英語を書いたり話したりしてしまう
  • その単語が持っているイメージを掴めないため、語彙の暗記に時間がかかる

GOODESL clubでの英語学習

メリット

  • 英語を読んだり聞いたりする際に自然とその情景が頭に浮かぶため、大量の英文や速い
    英語音声も無理なく理解できる
  • 多読多聴をする中で出会った表現をそのままアウトプットできるため、自然な英語を書いたり話したりできる
  • 日本語訳ではなくその単語が持つイメージを記憶するため、短い時間で語彙を習得できる

小学生で英検2級。最初の目標は、
ABCから1年で英検3級。

「小学生で英検2級の英語力。」こう聞くと「そんなに高いレベルが小学生で必要なのだろうか?」と疑問に思うかもしれません。しかし、私たちは「必要」だと本気で考えています。例えば、お子様がネイティブの大学生と対等にディスカッションをし活躍できる海外進学を実現するためには、高校生でTOEFL iBT 100レベルは必要になるでしょう。逆算すると、中学生で英検準1級レベル、小学生で英検2級レベル。
ESL clubはこの英語レベルを達成させ、お子様の夢や目標を現実にします。

小学生から取り組むことで
「受験」と「英語」を両立

英語に対する要請が増してきている中、いつ英語の勉強がやれるのかという考えもよく耳にします。それは他教科の学習、特に受験勉強との対立です。受験勉強も適切に関わっていけば、それは素晴らしい成長の機会となります。つまり受験も頑張りたいし、英語も頑張りたい。 この両立を実現するためには、中学受験が本格化する前に英語の学習に取り組むことが現実的なアプローチではないでしょうか。 ESL clubでは小学生で英検2級合格を目標の一つに置いています。その理由の1つは、「英検2級合格」が「英語での読書を楽しむための最低限度の英語レベル」だからです。中学受験の息抜きに英語で読書をする。そうすれば、英語力の維持もできますし、受験終了後の英語学習も加速します。

両立をすることで
英語多読で受験の息抜きが可能
受験後の英語学習を加速させる

その好奇心が子供たちの
世界を広げる、
多読・多聴
ベースのカリキュラム

教室には小学生向けの洋書を200冊以上取り揃えており、ディズニーシリーズのような物語から、社会や理科の内容を含んだものまで本の内容は多岐に渡ります。ESL clubでは、英語の基礎をテキストで学んだ後、英語圏の子供が読んでいる児童文学書を読むことで、英語に触れる機会を増やします。すべて1つのストーリーでできているので、単語帳を使うよりもずっと楽しく、日常的に使用されるような「生きた」状況で英語を学ぶことが出来ます。一冊の本の中に、重要単語が様々な場面で出てくるので、実践的な使い方を学ぶことができるのです。また、日本の英語学習においては読解、文法、リスニングなど独立して勉強しますが、ESL clubのプログラムではCD付きの英語の本を読み、音読することで、読解、リスニング、単語、文法、発音などを同時に習得していきます。これらの本は社会、理科といった知識をつけながら、子供たちの好奇心にそって世界が広がっていくように設計されております。こうして広がる世界観や養われる感性は、これからの学習の大きな助けとなることでしょう。

POINT1年で100万語の多読!

ESL clubでは、ABCからはじめた生徒が、学習開始から2ヶ月で音源付きの洋書を読みはじめ、1年で合計約100万語の英文を読むことを目標にしています。もちろん、本はすべて『貸し出し可能』です。生徒それぞれのレベルや好奇心に合った本を講師が一緒に選び、簡単すぎたり難しすぎたりすることなく計画的に多読を続けていきます。

POINT生徒の「がんばり」
をしっかり共有

『Reading Log』(リーディング・ログ:読書記録)という、読んだ本の総語数や読んでみての感想などを毎回記録する冊子をご用意しています。これにより、生徒さんの多読へのモチベーション維持と、教室や家庭での読書状況を共有できるようにしています。通い始めて4ヶ月の、小学校3年生の生徒さんは、すでに1,000語(中学校で使用する検定教科書およそ3年分)を超えており、読みたい本を講師と選びながら楽しく多読を進めています。