BLOG

  1. TOP
  2. ブログ一覧
  3. プリスクール卒業後、入塾から3週間で英検2級に合格!世界を見据える小学生にインタビュー!

プリスクール卒業後、入塾から3週間で英検2級に合格!世界を見据える小学生にインタビュー!

1歳のうちから英語に触れはじめ、英語の幼稚園(プリスクール)に通って3級まで合格した上市優伊さん。プリスクール卒業後は英語に触れる機会が減り、英語力が下がっていきました。その後に通った英語塾でも実力が付いている実感を得られなかったため、独学で準2級に合格しますが、2級を目指す段階で壁にぶつかりESL clubに通いはじめました。 ESL club入塾後3週間で受験した2級に見事合格し、今では「小学生で英検1級」を目指す彼女がこれまでにどのような勉強をして、何をモチベーションとしてさらなる高い目標に向かっているのか、インタビューしてみました。

 

 

英語の勉強をはじめたのは1歳から

―ESL clubに通う前から英語の勉強はしていましたか?

1歳から子供用の英語教材を聞き始めて、プリスクールに通っていました。プリスクールに通っている間に英検3級までは合格。準2級受験を目指し始めると今度はプリスクールのレベルが簡単に感じてきて…プリスクールでは対応できないかもしれないと思って、一旦プリスクールをやめました。 それからはお母さんに教えてもらいながら独学で英検の勉強を続けて、準2級まで合格しました。だけど、普段から英語の塾に通って英語に触れていないと、英語が下手になってきちゃって…それと2級の勉強は独学では難しかったので、英語力を更に伸ばせる塾をお母さんが探してくれました。

 

小学生でも英検1級に合格できるんだ!

―ESL clubに初めて来た日のこと覚えてる?

英検1級の教材が置いてあることにびっくりしました!「小学生でも英検1級受かるの?」って。だからこそレベルの高い塾だと思いました。 入塾してから3週間で英検2級を受けなきゃいけなかったので、最初はチャレンジのつもりで受験しました。 今までの英検勉強は暗記ばかりでしたが、ESLで新しい勉強法と出会いました。慣れない勉強法だったので、最初はとても難しかったけど、先生が優しく教えてくれたので、だんだんとわかるようになりました。

―それはどんな勉強法?

ライティングの解き方を教えてもらいました。

1.トピックに対して、賛成/反対を考える
2.次の質問の理由を考える
3.その理由に対して、1つ目の例えと理由を考える
4.更に2つ目の例えと理由を考える
5.最後に賛成/反対の意見をまとめる

この流れで何度も過去問を解きました。3級と準2級受験のときはライティングが苦手でしたが、この勉強法に出会ってからは、答えを考えるときにあまり悩まなくなりました。暗記ではなく、自分で考えるようになったのがよかったんだと思います。

 

準2級、2級、準1級と難易度の上がる試験内容

―英検2級の勉強で一番難しかったのは?

環境問題についてや政府などが出てくる問題が特に難しいです。覚えなきゃいけない単語もレベルが高いので、単語の意味を理解して覚えるのが大変でした。英検2級以上の単語は、小学生には聞きなれない日本語が英語になっているので、日本語でも理解するのが大変なんです。 今は「ユニット」っていう単語の教材を使っているんですけど、英語の単語を英語で解説しているので、日本語で解説している教材よりわかりやすいです。

―今まで準2級、2級と受かって次は準1級だけど、レベルが上がっていくと問題は難しくなった?

どんどん難しくなるので、勉強が大変です。 リーディングは、準2級から2級になると一気に難しくなりました。特に単語が難しいので、長文の内容も全然違います。 ライティングも難しくなりました。級が上がるにつれて長文を書く必要があります。 リスニングは、元々得意なので勉強しやすいです。だから今は準1級のリスニングから勉強しています。 今までの英検は1回で合格できたけど、準1級はまずは挑戦だと思っているので、1回で受からないかもしれません。だけど、小学生のうちに1級まで合格したいです。

 

みんながライバル、だからこそ早く英検1級に合格したい

―英語の勉強をしてて、どんなときが楽しい?

一番は英検に受かったとき。たくさん勉強するので受かったときはすごく嬉しいです。あとはESL clubのミニテストで全問正解したときも嬉しいです。でも、本当はあんまり勉強が好きじゃないです。集中力が続かないので、できれば英語の勉強もしたくない(笑)。 でも、自分より小さい子がESL clubへ通って、英検準1級の勉強をしているのを見ると、「負けたくない!絶対受かりたい!」って思います。 誰がライバルってわけではないけど、ESL clubには英検2級合格者がたくさんいます。その中で誰よりも早く1級に受かりたいと思って勉強しています。

―これからの目標は?

まずは小学生のうちに英検1級まで合格。そのあとは、TOEICに挑戦したいと思っています。 アメリカやカナダの語学研修に行ってみたいので、お母さんと一緒に情報を集めています。プリスクールのときから、外国人に話しかけるのは好きなので語学研修に行ったら楽しいだろうなと思っています。 将来の夢は英語も話せる水泳選手になりたいです。スケート選手のネイサン・チェン選手はスケートもすごいけど、医学部にも通っているのでスケートを引退しても仕事があるんです。私も同じように水泳を頑張って、水泳選手になりたいけど、英語の勉強も続けて2つの仕事ができるようになりたいと思っています。だから、これからも英語の勉強は続けます。

プリスクール卒業後、下がった英語力はESL式学習法で大きく伸びる

ESL clubで新たな学習法に出会い、それまで苦手だったライティングを克服して2級合格を手に入れた優伊さん。

「本当は勉強は好きではない」と言いながらも、周りに英検2級を持った小学生がたくさんいる環境の中で「負けたくない!」ということをモチベーションとして、小学生で英検1級、そして、その先の語学研修を目指して勉強を続けています。

ESL clubとしても、英語力向上のためのサポートに加えて、英検準2級レベル以上の英語力を持つ生徒さんには積極的に海外留学を推奨しております。

これは「自分らしく、未来の社会に貢献できる人材を育成する」というESL clubの事業ミッションの達成においては、英語力だけではなく、英語をツールとして思春期に入る前の小学生のうちに海外を体験することが重要だと考えているからです。

まだ人格形成過程にある小学生のうちに海外を体験し、異文化に触れることにより未来のグローバル社会に求められる受容性を身につけ、時に失敗してもそこからリカバリーする経験はレジリエンスや新しいことへの挑戦心を身につけることに繋がっていきます。

そして、様々なバックグラウンド、思考を持つ人材との交流から俯瞰的に世界を見つめ、自分自身を客観的に見ることにより、やがて自分が進みたい道が見つかると考えています。

将来は水泳と、英語を活かしたもう1つの仕事ができるようになりたいという夢に向かう優伊さんをESL clubはこれからも応援していきます。