BLOG

  1. TOP
  2. ブログ一覧
  3. 【英検3級2次対策】絶対に知っておきたい3つの特徴

【英検3級2次対策】絶対に知っておきたい3つの特徴

1次試験に合格した約2週間後には、2次試験が控えています。
 
英検3級2次試験の基本的な問題の構成と、問題の傾向に見られる3つの特徴をご紹介します。
 
まだ面接の流れや注意事項を把握できていない方は、「面接の会話例と注意事項はこれで確認!」で確認してからご覧いただくと、より明確に傾向を理解できますので、ぜひこちらもお読みください!
 
・問題の構成


 
以下のような構成で、3級の面接が行われます。
3級 面接 内容3
 
・問題の内容と、3つの特徴


 
面接の際に渡される<問題カード>のサンプルを例に、特徴と対策の仕方を解説します。参照しながら読み進めてください。
 
【特徴1】 No.1「パッセージの内容について」の質問
 
基本的にWhat~?かWhy~?しか出題されません。
(Where~?やHow~?も出題されますが、ほとんどが上の2つです。)
 
・“What~?”で質問され場合、質問の最後2?3語に集中して、(パッセージ)本文からさがしましょう。
 
・“Why~?” で質問され場合は、とにかく質問に集中して、すばやく“so”をみつけましょう。

サンプルでは、”What can people learn from the radio?”となっています
 
今回は”what”のパターンなので、最後の2?3語を聞き取り、同じ言葉を本文から探しましょう。
 
本文にある”People can learn”を見つけたら、そこから”, (カンマ)”までの、
”People (They)can learn English and other languages (from the radio)”が「答え」です。

 
 
【特徴2】 No.2, 3「イラスト中の人物の行動や物の状況について」の質問
 
試験官から問題カードを渡された瞬間に、受検者がその場で質問をほぼ100%予想できることがあります。
まず問題カードを渡されたら、一瞬でいいので次のことに注意して「絵」を見てみてください。
 
絵の中にぽわわん3の吹き出し」があるかどうか
 
これを確認するだけで、どのような質問をされるのか判断できます。
 
パターンA. 【絵の中にぽわわん3の「吹き出し」がある場合】
”What is he/she going to do?” という質問が必ず出されます。
 
パターンB. 【絵の中にぽわわん3の「吹き出し」がない場合】
必ず ”What is the man/woman doing?” という質問をされます。
 
過去に出題された問題を調べたところ2/3の割合で「パターンA」が出題されています。

サンプルでは、男性が新聞紙を持ち、ソファの方へ向かっています。
 
ここでの質問は、”What is the man going to do?”と尋ねられることがわかります。

 
 
【特徴3】 No.4「身近な事柄について」の質問
 
“What kind of ~ do you like (to 動詞)?”
 
という質問は、2/3の割合で出題されているので、必ず答えられるようにしておきましょう。
 
過去問題さえあれば面接直前に確認できます。
活用してみてください。
 
ESLクラブでは、面接の流れに沿って「対策・練習」を行っています。(1級まで対応できます。)
練習して面接に備えたい方は、お気軽にお問い合わせください!